格安で会社設立できるってホント?

会社設立の費用負担を軽くするには - 格安で会社設立できるってホント?

格安で会社設立できるってホント?
格安で会社設立できるってホント? > 会社設立の費用負担を軽くするには

会社設立の費用負担を軽くするには

image

会社設立にも費用がかかります。
あまり予算を用意できない場合、なるべく安く会社設立したいですよね。
とにかく会社設立の費用負担を軽くするには、どうしたらいいでしょうか?

費用負担を軽くする一つの方法は、手続きを自分でやること。
会社設立するためには、定款の作成や登記など、普段はあまりやる機会のない手続きをやる必要があります。
自分でもやれる手続きですが、時間がかかりやすい、正確性が不安といった理由で、専門家に手続きを代行してもらう方も少なくありません。

しかしこれをやると費用がかかるため、なるべく費用負担を抑えたい方にはネックとなるでしょう。
もしこれを自分でやれると、費用負担が軽くなります。
会社設立時にどうしても必要となる法定費用だけで起業できるようになるでしょう。

ただ、定款の作成や登記といった手続きを自分でやれるのでしょうか?
まず定款という書類の作成は、無料のひな型を使うと、自分でやりやすくなります。
これを使わずに自分でやるのはかなり厳しくなりますから、費用の負担を抑えたいときは、なるべくこのひな形の使用を考えてください。

登記といった手続きは、基本的には書類の提出となるため、必要書類の準備さえできれば、それほど難しくはありません。
その必要書類の準備は、やはり無料のひな型を使うのがおすすめです。
各必要書類でこのひな形が見つかることも多いですから、それを活用して書類を自力で用意できると、費用の負担が軽くなります。

このように手続きを自分でやれると、最低限の費用で会社設立するのも現実的ですが、実際には自分で手続きをやるのが難しいこともあると思います。
そのときはやはり専門家の手を借りることになりますが、このときに少しでも費用の負担を軽くできるよう、格安の代行サービスなどを使うといいでしょう。

その格安サービスとは、非常に安い値段で会社設立の手続きを代わりにやってくれたり、相談に乗ってくれたりするサービスです。
どれくらい安いかというと、たとえば一定の条件のもと、会社設立の代行費用を0円とするサービスもあります。
その一定の条件とは、たとえば起業が終わったあと、そのサービスがやっている別のサービスを契約することなどです。

このような代行手数料無料というサービスのほか、電子定款の作成により節約できる4万円以下の値段で、代行を請け負っているサービスもあります。
これらを使うと、会社設立の手続きを専門家にお願いしつつ、費用の負担は軽くできます。
このような方法を考えるといいでしょう。