格安で会社設立できるってホント?

会社設立の費用を自分で準備する - 格安で会社設立できるってホント?

格安で会社設立できるってホント?
格安で会社設立できるってホント? > 会社設立の費用を自分で準備する

会社設立の費用を自分で準備する

image


会社設立するにあたって、多くの人が頭を抱える問題となるのが費用の面で、これは会社設立した人に話を聞くと非常に高い確率で出てくる話題です。
2006年の5月に新会社法が施行されて株式会社の最低資本金額もなくなりましたから、実質1円の資本金があれば誰でも株式会社を設立できるようにはなったのですが、現実的に考えて運営をしていくための費用が必要になるのは変わりませんので資金調達の悩みは誰もが抱えています。

会社設立にかかる費用を自分で準備する場合、まず考えておきたいのが絶対に必要になる費用と準備しておいたほうが良い費用で、これは当然前者を優先的に準備しなければなりません。
絶対に準備しておかなければならない費用とはまず会社設立の手続きにかかる費用で、株式会社の場合は定款の印紙代40,000円、認証手数料50,000円、謄本代2,000円、登録免許税150,000円です。

ただし定款を電子定款にすると印紙代の40,000円はかかりませんから、株式会社を設立するなら最低でも202,000円程度はかかることになります。
電子定款にする場合、専用のソフトを導入しなければならなかったりそれを使いこなすだけの知識が必要になるので、専門家に依頼することも多いですから、その費用も計算に入れておいたほうがいいでしょう。

会社設立は自分でも手続きが可能ですが、すべて自分でやるより行政書士や司法書士、税理士を交えて進めていったほうが結果的に安く済ませられることのほうが多いです。
会社設立手続きは専門的な知識が必要になる場面も多いですから、はじめから自分ですべてやるというよりも頼るところは頼ればいいという感覚のほうがいいかもしれません。

そして会社設立費用とは別に準備しておいたほうが良い費用というのは会社の運営費で、これは資本金にもあたりますが、最低でも会社スタートから3か月間の運営費を賄える程度の金額はあったほうがいいでしょう。
会社スタートしてすぐ経営が軌道に乗るとは考えにくいですし、ましてや新規企業であればこれまでの実績があるなら別ですが、そういったものもないならコネクションもないので一から作り上げていかなければなりません。

会社スタートから軌道に乗るまでしばらくは赤字経営が続くこともが想定できますし、その間も安定して経営を支えられるだけの資金がなければいけませんので、最低でもそれくらいの費用は必要になるのです。