格安で会社設立できるってホント?

会社設立に必要な資本金 - 格安で会社設立できるってホント?

格安で会社設立できるってホント?
格安で会社設立できるってホント? > 会社設立に必要な資本金

会社設立に必要な資本金

image

会社設立するためには手続きに必要な費用に加えて資本金も準備しておかなければなりません。
金額は株式会社の場合だとこれまで最低でも1,000万円の資本金を準備しなければなりませんでしたが、2006年5月に施行された新会社法では最低資本金額の設定がなくなりましたから1円でもあれば株式会社を設立することが可能になりました。

ただ現実的に考えて1円の資本金では会社運営することは難しいですし、その後のことを考えると使えるお金が多いほうがいいので目安として最低でも会社スタートから3カ月程度の運営費用は賄える金額を用意しておきたいところです。
会社設立の手続きに必要な費用は株式会社の場合、定款にかかる印紙代が40,000円、認証手数料が50,000円、定款の謄本代が2,000円、登録免許税が150,000円になります。(電子定款の場合は印紙代が不要になります。)

また合同会社を設立する場合は定款の認証が必要ありませんので、紙の定款の場合は印紙代40,000円、そして定款の謄本代2,000円、さらに登録免許税が60,000円になります。
つまり株式会社を設立するなら最低でも202,000円程度~242,000円程度、合同会社の場合は62,000円~102,000円程度の費用がかかることになります。

資本金は会社設立手続きにかかる費用とは別で用意しなければなりませんので、まずはどこに何が必要になるのか発起人間で協議しておかなければなりません。
会社運営と言っても業種によってやることは変わりますし、用意しなければいけない金額も変わってきますからできるだけ正確な金額を出せるように細かく設定していったほうがいいでしょう。

そして資本金は金額が大きくなる可能性が高いですから、資金調達の手段についての情報収集をしておく必要があります。
まずは自己資金でどれだけ準備できるかがカギになりますが、自己資金だけですべて賄えないときには金融機関や知人・親族からの融資に頼ることも視野に入れる必要があります。

知人・親族からお金を借りる場合は利子がなかったり、安くしてくれる、返済期間の融通が利くなどのメリットがありますが反面返済できなければ大きなトラブルに発展する可能性もあります。
金融機関で借りる場合は大きな金額を融資してもらえる可能性はありますが、審査に通らない可能性もあります。

このように資金調達をするときにはメリット・デメリットも考慮しておかなければなりません。