格安で会社設立できるってホント?

格安の会社設立代行サービス - 格安で会社設立できるってホント?

格安で会社設立できるってホント?
格安で会社設立できるってホント? > 格安の会社設立代行サービス

格安の会社設立代行サービス

image

起業者にとってもっとも負担の少ない会社設立の方法は、代行サービスの利用となるでしょう。
これを利用するとプロが手続きを代わりにやってくれますから、自分で手続きの詳細を調べたり、それを実際に行ったりする必要がありません。
間違いも起こりにくいですし、手続きもスムーズとなります。
その代わりに料金がかかるのがネックですが、料金は各サービスで決まっており、中には格安といえるサービスもあります。

たとえばある人気の代行サービスなど、格安という点も非常に特徴的です。
料金システムには注意が必要ですが、その条件が問題ないならかなりおすすめのサービスとなるでしょう。
そのサービスの料金は、株式会社の場合は15万円以下、合同会社の場合は5万円以下となります。

これはなんの料金でしょうか?
それは会社設立の代行サービスを利用したとき、サービス側に支払う総額です。
このときには会社を作る上での必要経費と、代行サービスへの手数料をあわせて支払うのが基本ですが、このサービスの場合、それが株式会社で15万円以下、合同会社で5万円以下となるのです。

なお、会社を作るための必要経費として、株式会社の場合は20万2000円、合同会社の場合は6万円が最低でも必要になります。
さらにこれに代行サービスへの手数料が必要になるなら、株式会社の場合で25万円、合同会社の場合で10万円は最低でも必要になるのが通例です。

これに対して、先のサービスではすべて込みで、株式会社では最高でも15万円、合同会社では最高でも5万円ほどしか必要ないというのです。
これは非常に格安のサービスだと言えるでしょう。

しかし会社設立のために必要な最低費用を割っているというのは、どういう理由でしょうか?
この代行サービスでは、会社設立のときに必要な費用の一部をサービス側で負担しているのです。
そのため利用者が負担すべき最低費用が少なくなっているのです。

その上、この代行サービスへの代行手数料なども必要ないのですから、本来ならあり得ない低価格で会社の設立ができます。
その値段が、株式会社の場合で最高でも15万円、合同会社の場合で最高でも5万円といった価格になるのです。

このような格安で会社設立の代行を依頼できるのですが、このサービスを提供しているのは税理士事務所となり、このプランで会社設立を依頼すると、会社設立完了後、その事務所と顧問契約を結ぶ必要があります。
これができない場合は、先のプランの利用もできません。
税理士の顧問が必要ない方には注意が必要ですが、会社設立後、顧問税理士を契約するつもりなら渡りに船です。
格安の会社設立代行サービスとして利用するとよいでしょう。