格安で会社設立できるってホント?

会社設立は自分でできる? - 格安で会社設立できるってホント?

格安で会社設立できるってホント?
格安で会社設立できるってホント? > 会社設立は自分でできる?

会社設立は自分でできる?

image

これから会社設立を考えている人の中にはできるだけ自分で全部やりたいと考えている人も多いと思いますが、そう考える人のほとんどはコストをできるだけ抑えたいという思いを持っているはずです。
それでは会社設立の手続きをすべて自分でやることによって本当にコストカットを実現できるのでしょうか?

まずはじめに会社設立の手続きとそこにかかる費用について説明しますが、株式会社の場合は定款を紙でする場合印紙代が40,000円、認証の手数料に50,000円かかります。
電子定款にする場合は印紙代がかかりませんので、電子定款にすると40,000円コストカットできるためおすすめです。

そして法人として登記するために法務局で手続きを行いますが、このときに登録免許税150,000円がかかります。
その他手数料などもかかりますが、株式会社設立の手続きにかかる費用はだいたい200,000円~240,000円ということになります。

一方合同会社の場合は定款の認証が必要ありませんので、紙の定款の場合は40,000円かかり電子定款なら無料、法務局での登記手続きにかかる登録免許税は60,000円なのでトータルでだいたい60,000円~100,000円程度かかります。
ここでひとつポイントになるのが定款の作成ですが、紙の定款にするのと電子定款では40,000円も開きがあるので電子定款にするのが好ましいのですが、電子定款を作成する場合は専用のソフトが必要になりますしそれを使いこなすだけの専門的な知識も必要になります。

そうすると当然40,000円以上かかってしまいますし、そういったものを持っていないのであれば紙の定款のほうが安くなります。
しかしここを専門家へ依頼すれば依頼料はかかるものの、印紙代40,000円よりはずっと安いコストでやってもらえますから、コストカットを目的とするなら自分で全部やるよりも専門家へ依頼したほうが費用は安く済みます。

加えて40,000円以内でその他の書類作成などもやってくれますし、分からない点があればアドバイスもしてもらえますから、トータルで考えても専門家の力を借りたほうがスムーズな会社設立ができると思います。
特に初めて会社設立するならいろいろな知識が必要になりますから、専門家が傍にいてくれれば心強いですし、自分が会社スタートに向けての業務に集中できます。

このように会社設立の手続きを全部自分でやるというのは必ずしも良い選択肢ではないのです。