格安で会社設立できるってホント?

会社設立と資本金 - 格安で会社設立できるってホント?

格安で会社設立できるってホント?
格安で会社設立できるってホント? > 会社設立と資本金

会社設立と資本金

image

会社設立にあたってもっとも大きな問題となるのが費用に関することで、資金調達は多くの経営者が頭を悩ませている問題と言えるでしょう。
中でも資本金は会社の核となるお金であると同時に多額になりますから、準備するにしてもいろいろな選択肢を用意しておいたほうが良いです。

まず会社設立にあたってかかる費用を整理してみると、資本金のほかに会社設立手続きにかかる費用や各種書類をそろえるための手数料などがあげられます。
会社設立費用は株式会社の場合、まず定款の作成をしなければなりませんから、紙の定款にするなら印紙代40,000円がかかり、公証役場での認証手数料が50,000円かかります。

定款の作成を紙ではなく電子定款にした場合は印紙代40,000円が必要ありませんので、電子定款が主流になっており、コストカットもできることからこちらを選択するほうがいいでしょう。
また謄本代にかかる手数料などが2,000程度かかります。

さらに法人として登録するために法務局で登記手続きをしますが、登記手続きをする際には登録免許税150,000円かかりますので、手続きにかかるトータルの費用はだいたい200,000円~240,000円程度になります。
これは株式会社を設立する際にかかる費用ですから、これ以外に資本金がかかるということになります。

資本金の目安はだいたい会社スタートから3か月間~半年程度の運営費を賄える程度だと言われていますので、事業の規模にもよりますが数百万~数千万円は必要になるでしょう。
資本金を集めるときの選択肢としては自己資金で準備する、知人・親族から借りる、銀行などの金融機関から融資を受ける、創業融資を受ける、補助金・助成金を申請するというような手段があります。

自己資金で資本金を賄えれば一番いいのですが、なかなかそうもいかないことが多いと思いますので、おそらくほとんどの経営者は最初にどこからか資金を調達してくるはずです、。
知人や親族に借りるのは気軽でいいかもしれませんが、返済ができなかったときに関係が壊れてしまうリスクがありますし、銀行などから融資を受ける場合は審査がありますからそれに通らなければなりません。

さらに補助金・助成金は後払いなので、すぐにもらえないというそれぞれの選択肢にデメリットがあることも覚えておきましょう。
資本金の準備は簡単ではありませんが、選択肢はたくさんありますので、リスクを頭に入れつつ資金調達してください。