格安で会社設立できるってホント?

会社設立にかかる費用 - 格安で会社設立できるってホント?

格安で会社設立できるってホント?
格安で会社設立できるってホント? > 会社設立にかかる費用

会社設立にかかる費用

image

近年、自分の会社を持ちたいと会社設立する人が増えいてるそうですが、そんな人たちがもっとも気になるのが会社設立にかかる費用はどれくらい負担すればいいのかという点です。
会社設立=費用が高いというイメージを持っている人は非常に多いですし、資本金もたくさん準備しておかなければならずとてもじゃないけどハードルが高いなと感じている人もいるのではないでしょうか?

しかし会社設立はそれほどハードルが高いわけでもありませんし、費用の面でも工夫次第で何とかなることが多いのでできるだけ情報収集することが大切です。
まず会社設立にかかる基本的な費用ですが、会社設立には会社名・会社の所在地・事業内容といった基本事項と会社の組織図となる機関設計、資本金を記載した定款と呼ばれる書類を作成しなければなりません。

定款は会社のルールブックのようなものでとても重要な書類ですから十分時間をかけて作成しましょう。
定款の作成は紙で行う場合は電子定款がありますが、紙の定款の場合は印紙代40,000円がかかりますが電子定款なら無料です。

したがって電子定款を利用するのが主流になっているのですがこれには専用のソフトを導入しなければなりませんので、専門家の力を借りたほうがいいでしょう。
その費用も40,000円より安いのでコストカットできて手間もかからず一石二鳥です。

そして株式会社の場合は定款の認証手数料50,000円と各種手数料がかかります。
さらに定款の作成・認証が終わったら登記申請をしなければなりませんが、登記申請の際には登録免許税が必要になり株式会社の場合は150,000円、合同会社の場合は60,000円になります。

つまり株式会社なら200,000円から240,000円程度、合同会社なら60,000円から100,000円程度は最低でもかかるということです。
資本金は会社スタートから3か月間の運営資金を確保できるくらいがちょうどいいとされています。

しかし中にはそんな多額のお金準備できないという人もいますので、その場合は銀行からの融資を受けたり助成金や補助金制度を活用する手段もあります。
さらに資本金1,000万円未満だと最大で2年間消費税が免除になるという特例もありますので、こういった制度も積極的に利用していくと節税対策になります。

このように会社設立にはお金がかかりますが、工夫次第で大きくコストカットすることも十分に可能なのです。